身内にお金を借りるのはタブーにしています

身内にお金を借りるのはタブーにしています

 

私はこれまで、金融公庫と銀行のカードローンを使ってお金を借りたことがあります。
金融公庫は自営業を始めるときに、銀行のカードローンは現在も日常的に利用しています。

 

よく、「借金は計画的に」といいますが、人がお金を借りるのは、開業資金などを除けば、
計画を立てる余裕もなく「せっぱつまって」とか「どうしても今必要だから」というケースがほとんどではないでしょうか。

 

借金をきちんと計画的にできるぐらいなら、そもそもお金を借りる必要が生じないと私は思うのです。
私の場合、金融公庫はそれこそ「計画的に」利用しましたが、
プライベートで使っているカードローンはそれほどきちんとした計画があるわけではありません。

 

けれど、いつも少額の借金なので、これまでいちおう問題なく返済が出来ています。便利といえば便利にちがいありません。
ところで、私が借金に関して「タブー」としているのが、身内からの借り入れ。
私は見栄っ張りなところがあるので、身内に頭を下げてお金を融通してもらうのが、そもそもイヤということもありますが、
あとあとのことを考えても、それだけは避けたほうがいいように思うのです。
身内との間に、お金に関する上下関係ができてしまうと、人間関係にも大きな影響を与えるのではないでしょうか。
ですから私は、ほかにどんな手を使っても身内からの借金だけはしないようにしているのです。